結婚式招待状はすべて結婚式場で注文して、宛名書きも筆耕の先生に依頼して書いていただきました。

プロの方の字は美しく、宛名書きの仕上がりは完璧でした。

招待予定の方に全て招待状を送った後、彼が急きょ友達を追加で招待したいと言い出しました。

席に余裕はあったので人数的には大丈夫でしたが、追加分の招待状は私が準備することになりました。

結婚式前でただでさえ忙しかったので、正直私に丸投げしないでよと不満でしたが、仕方がありません。

招待状一式は余分に注文していたので、人数分ありました。ただ宛名書きはどうするのかの問題がありました。

プリンターで印刷した字と、筆で書いた字には違いが出てしまうのではないか、やはり筆耕の先生にお願いした方がいいのかと悩みました。しかし、当時仕事をしていたので忙しく、式場も自宅から遠かったので時間的余裕もありませんでした。

せっかく招待するのに失礼があってはいけないと思っていましたが、会社関係の方でなく友達だったのでプリンターで印刷することにしました。

色々悩みましたが、筆に近いフォントで印刷したのでプリンターでも十分の出来上がりでした。

見比べるとやはり違いは一目瞭然ですが、十分です。私もそうですが、宛名書きをじっくり見る人はいません。

結果的に、宛名書きをプリンターで印刷しても、十分な出来上がりになることが分かりました。結果オーライでした。

初心者に「おすすめ」の筆ペンは硬筆タイプ

招待状も準備できて、返信はがきに切手も貼っていざ出すぞってなった時に一番ネックなのが結婚式招待状の宛名書きではないでしょうか。

封筒に印刷する人ももちろんいますが、筆ペンでの手書きがやはり主流で、字を書くのが苦手な方は書きなれない筆ペンを使って書くのは相当緊張します。

私は書道を習っていて字を書くのに抵抗はなかったもののそれでもやはり緊張しました。

失敗してもそんなにたくさん予備の封筒を準備しているわけじゃないし、なるべく失敗の少ないようにしたいなと思い、色々考えました。

まずは、筆ペン選び。軟筆タイプと硬筆タイプがありますが、書道になれている人は断然軟筆タイプをおすすめします。

本物の筆みたいな質感で、太くしたいところは太く、払いたいところはきれいに払えます。硬筆タイプは硬いのでペンみたいにすらすらかける反面筆っぽさはあまり出せません。

また実際に書くときには鉛筆でうすーく下書きをしてから書きました。

厚紙に四角く枠を作ってその中に書くようにしました。

フリーハンドで書くと何の線もない白い封筒では住所など長く書いていく文字は確実に斜めに歪むからです。

線を引いてその上に書いてもよかったのですが、何枚もあるし、一個枠を作っておけば後々ずっと使えるなと思ったからです。

あとは丁寧に筆ペンで書いて乾いてから消しゴムで下書きを消して完成です。

招待状は一番初めに目にするものなので丁寧にきれいに書きたいものです。