結婚式の招待状の「宛名書き」のことを考えるとことまで来たら、結婚式の準備ももう大詰めだということができるでしょう。

そのような「宛名書き」、貴方はどのような方法をとりますか。おそらく、印刷してしまう、頑張って「手書き」する、筆耕を頼む、恐らくこの3つのうちから選ぶことになるかと思います。

宛名を印刷してしまえば、その作業に拘束されることもなく、費用も大してかかりません。しかし、若干略式感が漂います。「手書き」をしたら、費用はゼロです。しかし、字はその人を表すとも言うので、字があまりな感じなら、自己評価を下げるかもしれません。

筆耕を頼めば、それはそれは綺麗で整った仕上がりになります。しかし、費用が発生します。

個人的な意見ですが、印刷は避けた方が良いかもしれません。若い人なら気にならないことでも、マナーにうるさいご年配の方の目に留まると困ることになるかもしれません。

だから、自分で頑張るか、費用を持つか、「手書き」と筆耕を併用するかの中から、選べば良いかと思います。

ちなみに、「手書き」のことで、字が人に与える印象について書きましたが、「手書き」で書く人は誰もが緊張して書きます。

だから、いつもより字形は乱れます。しかし、その緊張が伝わる字が初々しくて何とも美しくもあります。良く考えて、あとで後悔しない方法を選びましょう。

招待状を直接手渡しする場合には封筒に糊付けはせずシールのみ貼る

結婚式に招待した方が遠方からの出席が多かったため、ほとんどの方に招待状を郵送をしました。

ただ、親戚や上司など直接お会い出来る方には手渡しをするのが礼儀とのことは知っていたのですが、招待状の封筒には相手の名前のみしか書かないということを恥ずかしながら知らなかったため、筆耕をすべて住所と宛名の両方頼んでしまいました。

いざお渡しをしようとした直前にそのことを知り、焦りました。住所も書いてあると、元々手渡しするつもりではなかったということを示してしまうとのことで、非常に失礼だとのこと。

幸い、少し多めに封筒も招待状も注文していたので、主人に宛名のみを書いてもらい事なきを得ました。また直接手渡しする場合には、封筒に糊付けはせず、エクセルやワードで作った宛名シールのみ貼るということもネットで調べて初めて知りました。

初めてのことだし、知らないことばかり、しかも招待状の段階で失礼にあたることがあってはいけないしと本当にいろいろなことを調べました。

筆耕を業者に依頼する場合は、前もって相手に手渡しするか否かも考えた上で注文しなくてはいけないということと、招待状をはじめとしたペーパーアイテム系はすべて数に余裕をもって注文すべきということを身にしみて感じる出来事でした。