結婚式招待状を双方の両親に出すかどうかに関しては、両方の意見もあるようです。

一般的には、双方の両親はそもそも身内であり、わざわざ他人行儀な方法をとることはない考えられています。また、共にゲストをもてなす側になるので、そういった意味でも招待状を送ることはしなくてよいと考えられます。

ですが、次のようなケースには両親にも招待状を送ることがあるようです。

・単純に日時や場所を知らせるために送る
結婚式の招待状には式の日時や場所などが記載されています。特に通常は会場の地図も同封されているので、両親がインターネットやスマートフォンで地図を検索するのが苦手な場合はそのための案内として送るという人もいます。

・記念として送る
自分の子供の結婚式は親にとっても一生の思い出です。何かしら形に残るものが欲しいと思う人も多いもので、結婚式の招待状を親に送って喜ばれたというケースは意外と多いようです。郵送で出してもよいし、実際に新郎新婦が2人で会って渡しても喜ばれそうです。結婚の報告を事前にしているのであればあえて親に招待状を出す必要はないと考えられるのが一般的ですが、人によっては宛名が書かれてきっちりとした1つの形として残っている方が嬉しいという人もいるようです。

・何らかの事情で親と疎遠になっているとき
親子関係の事情は人それぞれにあるものです。何らかの理由で親と疎遠になってしまい、なかなか結婚を言い出すことができなかった場合など、その報告を兼ねて招待状を送るというケースがあります。

口頭で伝えるよりも文面でもらう方が気持ちが伝わることもあり、歓迎されていると喜ぶ親もいるようです。どちらかというとゲストという立ち位置で親を招待する場合もあるようです。

結婚式の費用を自分たちだけで持つ、家族や親族だけでこじんまりと挙式をするという場合もゲストとして親に招待状を出すケースもあるでしょう。自分の親だけでなく相手方の親もいる話なので、どちらにしても後々トラブルにならないためにも事前に双方の両親の希望を確認しておくのが無難です。

相手の親から「どうして招待状を自分たちにくれないのか」といったようなことを言われる場合も中にはあるようです。また、親族にどんな内容の招待状を送ったのか知りたいので、招待状を確認したい言われることもあります。

いずれにせよ、各家庭の状況や親の好みにもよりますので双方に喜ばれる方法で招待できるよう準備をしてくことが大切です。