結婚式の招待状に関する「宛名書き」をするときに気をつけたいのは住所です。

住所は、通常の手紙などと混同してしまいがちですが、きちんと都道府県から書かないといけないのです。

明らかに市町村から書いても分かる場合もありますし、手紙などでは市町村から書いているケースもあるかもしれませんが、結婚式の招待状の場合は、細かいかもしれませんが、省略せずに都道府県から書いた方がより丁寧な印象で、望ましいのです。

都道府県から書くと、それだけ書く分量が増えて大変かもしれませんが、これはどの招待状に関しても守るようにしましょう。

都道府県は住所の先頭に書かないといけないので、書き忘れたりして、後から気付いても遅いです。下書きとかの段階なら問題ありませんが、すでに清書をしてしまった場合には、先頭に入れるスペースもなかなかないでしょうし、無理に入れると明らかに見た目がおかしくなってしまいますから、そういった場合には書き直しをしないとけないでしょう。

手間もかかりますし、紙ももったいないので、住所はちゃんと都道府県から書かないといけないということを、招待状の宛名書きをする際にはきちんと認識して、意識しながら書かないと間違えて、市町村から書いてしまうケースもあるかもしれませんから、覚えておきましょう。

家族のみの少人数挙式だったので招待状は手書きしました

皆さんは結婚式の招待状を送るとき、宛名書きはどうされましたか。私は筆ペンを使い、自分で一枚一枚手書きで書きました。

周りに代筆を頼める友人もおらず、業者に代筆を依頼するには費用もかかるので節約のことも考え自分で書くことに決めました。

台紙となる紙に宛名を書いて、封筒に重ねて写すように書きました。しかし、実際何度も練習をして書いてみても上手く書けず納得のいかないまま発送となってしまいました。今でもやり直したいなと少しだけ思っています。

最近ではパソコンやプリンターも進化していて、印刷で済ませている方もいるかもしれません。でも私は手書きのほうがより気持ちがこもっていると感じるし自分で書きたいと考えていたのでパソコンには頼りませんでした。

あとから思えば、パソコンで下地を作りうすい文字で印刷をしてなぞるように手書きをしてもよかったかもしれないと感じました。私自身の結婚式は家族のみの少人数挙式だったので、招待状も送る枚数が少なく手書きを実践できたところもあると思います。

沢山の方を招待される方には他の準備も含め、すべて自分たちで行うとなると、とても大変なことだと思います。

来ていただくゲストへの招待状の宛名書きも自分たちでやるのか業者へ頼むのか印刷するのかじっくり悩んで、一生に一度の素敵な思い出にしてほしいと思います。