最初は、招待状の宛名くらいは自分で書きたいと思い、文房具屋で筆ペンを書い、招待客リストを片手に家に閉じこもって練習をしました。しかし、筆ペンなんで小学校で遊び半分で使った以外で使ったことなどなく、想像をはるかに超えた難しさに悪戦苦闘しました。

ボールペンで書くのとはわけが違い、普段なら上手にかける文字も筆ペンだと下手になってしまいます。しかも、宛名書きとなると、繰り返し出てくる文字は「区」や「様」位で、使用する文字は本当に多いです。

2.3回練習しただけでは上手く書けないので、結局挫折してしまい、プロの方に宛名書きは頼んでしまいました。

パソコンの印刷の宛名書きの方が少し安かったのですが、招待した友達などからは、「筆で自分の名前が手書きで書かれた招待状が送られて着たのを見たとき、結婚式なんだなと実感した」と言っていただけました。

やはり、普段手紙なんで送らない関係だと尚更かしこまった感じがしたのかもしれません。

私自身それから宛名書きが手書きなのか印刷なのかを気にするようになってしまい、印刷で送られてくると「節約したのかな」と思ってしまうようになりました。

やはり、職場の方や目上の方が出席なさる結婚式なのであれば、自分で手書きする。もしくは、プロの方に頼んだほうが、「そういったささいなところを気遣ってくれているんだな」と感心してくれると思います。

招待状は毛筆または筆ペンで書くのが常識

結婚式招待状宛名書きといえば、毛筆で書かれた立派な宛名書きを想像します。

結婚式場では宛名書きは上手に書いてもらうオプションを利用することができます。そうすれば、まず間違いなく、美しい筆跡の招待状を仕上げてもらうことができます。

私は自身の結婚式のとき、招待状の宛名書きサービスを頼みませんでした。下手な字でも、自分の字で一枚一枚、大切な人に招待状をお送りしたいと思ったからです。

招待状は毛筆または、筆ペンで書くのが常識という情報を読み、無謀にも毛筆で書くことを決めました。結果として、変に大きな字や、まるで子供が書いたような宛名書きの招待状が出来上がりました。

本当にひどい出来の不格好な招待状でしたが、それでもその招待状は予定どおり、発送することにしました。結婚式が終わって、自分が書いた招待状をだして、良かったと思っています。

結婚式に出席してくださる方々の顔をひとつひとつ思い出しながら書いた招待状は、書くのに手間がかかった分だけ、招待した方への感謝の気持ちをこめることができたと思います。

皆さんも、結婚式招待状の宛名を、招待される方を思い浮かべながら書いてみることをお勧めします。一生に一度の素晴らしい日の、忘れられない思い出になることは間違いありません。