これまで、何度も友人や会社関係の方の結婚式に参列したことがありますが、招待状の宛名の出来栄えというのは、意外と目につきやすいものだと感じました。

特に手渡し用であれば、名前しか書かれていないので、字の善し悪しが目立ちます。

習字を習っている訳ではない人が書いた筆ペンの字などは、正直に言うと見られたものではありません。だから自分の時は多少お金がかかってしまったとしても、絶対にプロにお願いしようと決めていました。

一生に一度の事ですし、そこを節約したと思われるのも嫌でした。そして何より、出来栄えの悪い招待状というのは、せっかく忙しい時間を割いて来てくれる方に対して、失礼だとも思ったのです。

プランナーからは、親戚や会社の上司宛の招待状はプロにお願いして、それ以外の友人関係などは自筆でも良いのではないかとアドバイスをいただきましたが、そうやって人を見て分けるのも気が引けたので、全件、筆耕業者に依頼することにしました。

仕上がりを確認させてもらった時、自分には絶対にできないことだったので、字の美しさに感動しました。それは、きっと受け取り手にも同じように伝わるはずなので、自筆にしなくて本当に良かったと思いました。

毛筆で数字を書くのは慣れていないと難しい

2年間付き合った彼といよいよ結婚が決まり、結婚式場も素敵な場所を予約することができて、細かい打ち合わせや飾りなどを決めるときが来ました。

会場はとても華やかで豪華な雰囲気でしたが、出来るだけ自分たちの手作りで心を込めた結婚式をしたいというのが私たちの願いでした。

とは言っても、花の装飾や会場のアレンジなどを自分でする自信はなかったので、結婚式の招待状宛名書きと招待状作りは自分たちでしようと決めました。

会場の方にも、きっと気持ちが伝わりますよと励まされ、他の準備が忙しい中なんとか取り組みました。

招待状の宛名書きと言えば筆だというイメージがあったので、すぐに書きやすそうな筆を購入しました。ですが私達夫婦は書道を習っていたわけでもなく、筆字に不慣れで、まずは字を書くところから練習が必要でした。

直線を引こうと思っても曲がってしまったり、波打ってしまったりして、最初は全然上手く行きませんでした。それでも心を込めてゆっくり書こうと練習を重ね、なんとか清書するまでになりました。

漢字は慣れてくると、まだ大丈夫なのですが、郵便番号欄の数字部分は本当に苦労しました。四角い枠は小さいし、力を入れすぎると丸い部分の中が黒くつぶれてしまうのです。少し余裕を持って招待状を印刷していたので何とか間に合いました。

準備が忙しいときに夫婦で悪戦苦闘しましたが、あの時二人で頑張ったよね、と言い合えるのはとても良い思い出です。

招待状作りも私たちの結婚式の素敵な演出になりました。