結婚式は一生に一度です。思い出に残る物にしたいので、打ち合わせでは気になる事は何でも相談しました。

招待状は自分で作りたかったのですが、器用ではないので無難な物を選びました。旦那のゲストが中々決まらなかったので焦りましたが、期限までに間に合いました。

席次表はパソコンで出来たので、市販の物を使用しました。ドレスに関しては、借り物なので安過ぎず自分の好みの物を選びました。また、飾りもサービスで付けてもらえたので豪華な物を選びました。

前撮りアルバムは残る物なので、4着着たかったので少し高めの物にしました。高くしただけあって出来栄えは満足でした。

ゲストのプレゼントとコース料理は無難な物を選びました。料理は和洋両方ですが、量が多かったです。ケーキやキャンドル、花は見栄えは華やかな物でしたが、飾りを少なくすることで安く済ませることが出来ました。

ウェルカムボードは妹に頼んだので、お金はかからずにすみました。披露宴用に写真を使わず、エンディングロールだけにすることで安く済みました。

式当日まで金額で迷う事や決められない事、突然の変更がありましたが、何とか間に合いました。それでも早目に決めたものもあり、前日当日は割と余裕がありました。

お金は結構かかりましたが、抑えるところは抑えれたので結果として満足しました。

筆ペンで書く場合、画数の多い漢字は読みづらくなります

結婚式の招待状の宛名書きを業者や式場にお願いすると、それなりに料金がかかってきます。

私は、できるだけ費用を抑えたかったので、自分で宛名を書くことに決めました。とはいえ、自分で宛名を書くのは年賀状くらいで、きちんと宛名書きをしたことがなかったので失敗もありました。

文房具屋で筆ペンを購入し何度も練習をしましたが、いざ書き始めると、画数の多い漢字は、筆ペンの太さで、読みづらい字になってしまいます。しかし、あまり大きく書いてしまうのも、見栄えが悪く、文字のバランスを考えるのが、とても難しかったです。

筆ペンは、できるだけ細めのものを選ぶことをお勧めします。また、住所は真っ直ぐ書くのが難しく、少し歪んでしまうこともあったので、定規などを使って平行に書けるようにしたほうがいいと思います。

宛名は程よい文字の大きさにしたかったのですが、住所の文字よりも、かなり大きくなってしまいました。お名前の間隔を空けるのもバランスが難しかったです。

後から聞いた話ですが、まずパソコンで文字の見本を印刷し、それに真似て書くと、文字の大きさも間隔のバランスも上手に書けるそうです。

封筒の紙は厚さがあるので、透かすのは難しいと思いますが、見本があるだけで、出来栄えはかなり変わったと思います。