結婚式招待状宛名書きをするにあたっては、式場に頼む方法、個人で外部に委託する方法、自分で書く方法があります。

式場に頼む場合は、式場のプランナーさん経由での依頼となりますので、中間マージン等が発生し値段は高めです。

個人で外部に頼む方法もあるようです。特にシルバー人材センターに頼むと安いそうで、知人は頼んでいました。しかし私の場合は、宛名書きは自分で行いました。

宛名書きを外部に頼むということは、招待客の住所や名前などの個人情報を第三者に渡すということです。余程のことがない限りは大丈夫だとは思うのですが少し不安がありました。そして何より自分で書く方法が一番節約になったからです。

私が試した方法は、パソコンの年賀状作成ソフトに住所と名前を入力して宛名面のプレビュー画面を表示させます。それを見れば、文字のバランスのとり方などの参考になります。

あとは見ながら筆ペンで宛名書きをするだけです。

筆ペンを選ぶ際は、自分に合うものと合わないものがあるので、必ず大きな文房具屋さんに行って、試し書きをさせてもらうことが大切です。

私は初めにコンビニで適当な筆ペンを買ったら、本当に書きづらくてびっくりしました。細めのものだと、住所を書くときにも書きやすくておすすめです。

招待状のカードと便箋はネットショップで好みのデザインのものを買いました

なるべく手作り感のあるアットホームな結婚式が私の理想でした。

だから出来ることは自分達でやろうと彼と決め、結婚式の招待状も手作りにしようと決めたのです。これが割と簡単にできました。

まず、招待状のカードと便箋は、ネットショッピングで好みのデザインのものを買いました。選んだのは淡い緑色のクローバーのイラストが入った清潔感のあるものです。

それが自宅に届いたら今度は招待状の内容ですが、これもネットで定型文を探して少しアレンジするだけ。後はWordを使って文章を打ち込み、まずは普通のプリント紙に印刷して出来具合を確かめてから実際のカードに印刷しました。

ただ、便箋の宛名書きは、ちゃんと直筆にした方がいいと結婚式場の担当の方に言われたので、こちらはプロの方に依頼して毛筆で書いて頂きました。

出欠返事の葉書の宛名書きはプリンタで印字しました。

こうして、自分たち手作りの招待状は完成です。

業者に頼むよりも安上がりで済んだし、何より自分たちの好きなように工夫できたので、満足のいく招待状に仕上がりました。招待状だけでなく、結婚式のメニューやウエルカムボードなども、手作りして、好評だったのを思い出します。