普段字を書きなれていない現在の20代30代、字を書きなれていないだけでなく、手紙や招待状すらも書きなれていないことがほとんどではないでしょうか。

そのような状態でいざ結婚式の招待状を書かなければならなくなったときに、緊張して間違いがないよう、最低限の注意点をまとめてみました。

誤字脱字に気を付けましょう

これは一番あってはならないのですが、招待する方の住所や名前の漢字間違いがあっては非常に失礼に当たります。

招待状を送る方へは事前に結婚式の招待状を送る旨を了承得ていると思いますので、そのタイミングできちんと漢字まで確認し、絶対に間違いのないように注意をしましょう。

間違いを指摘してもらえるなら謝ることもできますが、間違っていることを言われなければ、一生感じの悪い印象を持たれてしまいます。

返信用のはがきの注意

招待状には、『出席』『欠席』の返事を出す返信用のはがきを同封します。

そのはがきには、相手の手間を省くように、新郎新婦の名前を先に記入しておきます。そこまではできても、最後に必ず忘れてはいけないのが、返信用はがきには、切手を貼っておくことです。

もし、この切手を忘れてしまうと、返信する際に切手を購入しなければなりません。手間もかかりますし、会出費をさせてしまう大変失礼な行為ともとらえられます。

忘れずに張っていることを確認し、同封するようにしましょう。

雑な汚い糊付け

招待状は、返信用のはがきの同封や、結婚式場への地図なども入れるため必ず封筒での差出となります。

そのため、数頭の糊付けや、重なり具合が雑であると、せっかくのお祝いの雰囲気も壊れてしまいます。招待をする、敬意を表す意味でも、最後の糊付けまで丁寧にきちんと行いましょう。

最後に、招待状に各文字ですが、文字は性格を表します。とはいっても、書道を習っていた人と比べると習っていない人の字は劣ります。しかし、このような場合、字が上手か下手かではなく、丁寧に書かれているかそうでないかで受け取る側のとらえ方も変化します。

自分は字が汚いからと引け目を感じることはありません。きれいに丁寧に書くことで、相手への気持ちもきちんと伝わるものです。

書き方云々よりも、大事なことかもしれません。

招待状の宛名を書く際は鉛筆で薄く線を書く

あまり沢山の人を招待しない小さい結婚式を神社で挙げることになりました。

招待客のほとんどが親戚で残りはごく親しい友達です。

10通余りの招待状を用意して、いざ宛名を書くことにしました。

まずは筆ペンを手にし紙でちょっと練習してみました。

習字を習っていたので筆使いには自信があります。

そしていよいよ本番。用意した上質の封筒に書いてみたのですが住所の間隔をあけることの難しいこと。年賀状もここ数年はパソコンで作って、あとはプリンターにお任せだったので手書きとなるとイマイチでした。

そこでやはりパソコンの力を借りようと思い、姉に相談してみました。姉は「それじゃ誠意が伝わらないでしょ。だいたい大した数じゃないんだから、それぐらい自分で書きなさいよ」とぴしゃり。

「誠意が伝わらない」という言葉に自分自身も納得していました。

そこで諦めて再び筆ペンを手にしようとしたその瞬間、ピンとひらめきが。鉛筆で下書きをしてみようと思ったのです。

試しに鉛筆で封筒にうすく文字を書いてみて、消してみました。ところが残念ながら消した跡が封筒に残ってしまうのです。

腹を括って、筆ペンで一気に書くことにしました。さらに紙で練習を重ねてから、封筒に書き始めました。

1通ずつ書くうちに少しずつ字の間隔の取り方が掴めてきました。

相手の住所と名前を書きながら、相手の顔を思い浮かべました。10年以上会っていない叔父・叔母達の顔を思い浮かべると懐かしさが込み上げます。

久しぶりに会えると思うととてもワクワクします。

途中、マンションに住む友達の住所を書き損じましたが何とか全部完了。書き損じは最初に書いたものと合わせて2通だけに終わりました。一つの大仕事を終え、肩の荷が下りた、そんなホッとした気持ちでした。