結婚式の招待状の宛名といえば、封筒に毛筆で立派に書かれているものが正式なマナーのような気がしますが、必ずしもそうではありません。

式場などに依頼すると、宛名書きの代行を請け負ってくれるサービスなども目にします。

自分で書く場合は、字に自信がないとなかなか躊躇するものです。特に、毛筆など日頃あまり使い慣れていないもので書くとなると尚更ですし、ウェディングのペーパーアイテムは上質な紙を使ったものも多く、失敗するのが怖くなってしまいます。

しかし、達筆でなくても丁寧に心を込めて書かれたものは、気持ちが伝わりますので、文字の美しさよりも、誤字脱字のないように気を配り、つなげ字などではなくゆっくりトメハネを意識して宛名書きをすれば、悪い印象は与えません。

安心して落ち着いて書きましょう。また、最近では、ラフなスタイルの結婚式や結婚披露パーティーも増えているので、手書きではない招待状を頂いく事もあります。

グラフィックデザイナーによる招待状の場合、宛名シールということもありました。この場合も、例え印刷物であったとしても、デザインを細部までこだわった事が伝われば、必ずしも毛筆で手書きということに、こだわらなくても良いと思います。

この場合、一言、直筆でメッセージを添えると喜ばれます。しかし、様々なスタイルが増えてきたとはいえ、結婚式というのはやはり正式なもの。

色々な立場の方をお招きする場ですので、やはりマナーからは外れないように、自分たちだけで完結せずに、第三者に相談してみるのも大切です。

招待状の宛名は仕事をしながらだとストレスになるので代行サービスを依頼する

まず、結婚式には多額のお金がかかります。その中で、招待状については、二人が自由に出来る可能性の高い商品になります。

結婚式を考えていく上で、会場を決めた後に、行うのが、招待状になります。

招待状を出す出さないという選択もあるとは、思いますが、基本的には出すと思います。

その中で、招待状については、会場によるところはありますが、自由度は高いです。

どういうことかというと会場の指定のものでもいいし、自分たちで決めて持ち込んでもいいということです。宛名書きも一緒で、お願いしてもいいし、自分たちで書いてもいいのです。

結婚式の全体の金額が大きいので、少しでも安くおさえたいと宛名書きは、自分たちでやりますという場合もあります。

その時に金額だけではなく、自分たちの生活リズムも一緒に考える必要があります。それは、確かに自分たちで宛名書きをすれば、その分安くはなりますが、自分たちが宛名書きをする時間を作らなければなりません。

もともと仕事が忙しい人にとっては、余計なストレスを生むだけになってしまいます。また、上司などにも送るので、綺麗な字で書かないといけません。

そんなストレスをかかえるなら、お願いしたほうがいいと思います。

だいたい1枚100円くらいが相場なので、大きく金額が増えるわけではありません。また、それ以降のほうが、決めるものも多くストレスも溜まることもあると思いますので、無理をしないことが大事です。