私は、結婚式の招待状の一部の宛名書きを式場の方にお願いしました。

友達や身内への招待状の宛名は私が書きましたが、会社やその他お世話になった人(比較的改まった、目上の人宛)への招待状は式場に依頼しました。字も私が書くより断然綺麗なので。しかし、宛名書きを依頼すると料金もかかります。

依頼する時は全部ではなく、できるだけ枚数を減らした方がいいかと思われます。そうじゃなくても、結婚式はお金がかかりますから。

ですが、やはり書いてもらったものはかなり美しい仕上がりです。書いてくれた人の腕ももちろんあるのでしょうが。

私のお世辞にも上手いとは言えない字(心は込めて書きました)と比べるとその差は歴然です。
私は、普段の手紙なども目上の人へ送るものは、宛名書きの際、特に緊張して上手く書けない事が多いのです。

なのでお金はかかりましたが、頼んで良かったと思っています。

私の様に手書きが苦手だったり、お金に余裕がある場合や式の準備で忙しい時は依頼してみるのもいいかと思います。

結婚式招待状宛名書きの依頼は式場によって値段がかなり違うかと思います。プランの中にサービスで入っている場合もあるかもしれません。

毛筆は慣れていないと自分の名前を書くのすら難しい

結婚式招待状宛名書き、手書きの方もいれば中にはパソコンで印刷をして済ます方もいるかと思います。

私の場合枚数もそんなに多くなかったので、招待状の宛名書きは自分でやりました。

最初は毛筆で書こうと思っていたのですが、これがなかなか難しいのです。

練習で何度か住所などを書いてみましたが、自分の名前ですら上手く書けない始末でした。

毛筆はあまりにも書けなかったので、妥協策として筆ペンを使う事にしました。しかも、字が上手く見えると謳っている筆ペンです。

早速、別の紙に練習してみますが上手く書けませんでした。

毛筆よりははるかに書きやすかったのですが、そもそも自分の字があまり上手くないので困りました。あの筆ペンの謳い文句は一体なんだったのでしょう。

私より字の上手い弟(旦那は旦那で招待状を書いていたので、なんだか申し訳なくて頼めませんでした。)に頼もうと話をしたところ「自分で書かなきゃ意味ないだろ。下手でもいいじゃん。大事なのは心だ心」とイケメン風な事を言われ、私は弟の言葉で目を覚ましました。

下手でもいいから心を込めて書こうと胸に誓い、宛名書きの作業を行いました。

その時ほど宛名書きって難しい、と実感した事はありません。でも心は精一杯込めました。