結婚式招待状の宛名書きですが、自分たちで行う方と業者などに依頼する方と分かれます。

業者に依頼すれば、仕事など忙しい方にとっては、誤字脱字の心配もほとんどなく、また文字を書くことに自信のない方にとってはとても助かります。

ただし有料となってしまうため、金銭面を考えると、自分たちで手書きにしようという方が多いのと、自分たちの手書きの方が心がこもっているように感じる方も多いです。

そこで、手書きの際の注意点ですが、基本的には筆や筆ペンなどで書くことがマナーとされています。

ボールペンで書くのは、書き慣れていて使いやすいですが、マナー違反となってしまうのです。また文字の色は黒で統一します。現在、市販されている筆ペンは書きやすいものも多くなっているので、探してみるとよいでしょう。

宛名書きをする際には、相手の名前、住所などを確認し誤字脱字のないように注意し、丁寧に書くことが大切です。

直接封筒に書く前に一度、紙などで練習してから書くと字のバランスなどがわかりやすく感じます。

招待したい方のことを思いながら、丁寧にひとつひとつ書いていくことは結構楽しいものです。

字の上手さよりも、気持ちを込めて書いていくことが一番大切なのです。

堅苦しくない雰囲気にしたかったので立食形式のレストランウエディングにしました

私の結婚式の招待状は手作りにしました。紙やリボン、封筒などは文房具の「伊東屋」でお気に入りのものを買ってきて、高級感を失わないようにしました。

文字はうまく書ける自信がなかったので、すべてプリンターで印字しました。

レストランウエディングで立食形式のパーティーをあえて選んだので、堅苦しい雰囲気にしたくなかったのです。

差出人は両家の両親ではなく、自分たちの名前にしました。なかなかの上品な出来でしたし、評判もよかったように思います。

結婚式招待状をいただいて思うのは、ホテルなどのきちんとした会場を選んでいるのにもかかわらず、宛名書きをプロの筆耕さんにお願いしていないのが、ありありとわかる時に、ケチられたのかな、と想像してしまいます。

会場に一流ホテルを選んだのであれば、すべてに手を抜いてはいけません。もし、節約したいと思っているのならば、会場からカジュアルにするべきです。そうすれば、招待状を手作りにしても、自分の下手な文字で毛筆書きをしたとしても、「ケチった」とは思われないでしょう。

すべてはバランスだと思うのです。しかし、よほど毛筆書きに慣れた人でなければ、自分で挑戦するのは避けた方が無難です。誤字脱字も十分に注意しましょう。