結婚式は大きなライフイベントの1つで、一生の記念に残ること。そのため自分たちにとっても、招待客にとっても楽しい一日であって欲しいと願いますよね。そんな結婚式の招待客が決めると、結婚式の招待状を渡すことになります。

結婚式には、家族や親族、そして上司、友人なども参加しますが、結婚式招待状はポストに投函して、郵送で渡しても大丈夫なのでしょうか?礼儀として失礼ではないでしょうか。

両親、義両親にはポストに投函ではなくて手渡しをするとよい

自分の両親や義両親には、結婚式の日にちが決まったりすると、報告がてらに挨拶に行くでしょう。また結婚式の準備の際にも経過の報告などする機会も多いはずです。

その時には、結婚式招待状はポストに投函するのではなく、手渡しで渡すと良いでしょう。手渡しで渡す方が、より心がこもっており、礼儀として良い印象を与えることができます。

自分の兄弟や親族は、近場に住んでいないこともあります。またすべての場所を手渡しして回ることは、効率が良いとはいえません。

結婚式の参加者のリストを作ったりする準備もありますから、みんなが同じように参加の出欠を知らせてくれると良いですよね。その場合は、結婚式招待状をポストで投函した方が良いと言えます。

上司には結婚式招待状を手渡しする?

上司というのは、一緒に働いている人。そのため、毎日顔を合わせていることでしょう。

そのため結婚式招待状を手渡ししようと思ったら、不可能ではありません。しかし結婚式というのは、仕事とは関係ない、プライベートなこと。また職場の全員を結婚式の招待するわけでもありません。

そのため上司には、招待状を送るということを一言言って、ポストに投函し郵送で送るのがいいでしょう。

友人にはポスト投函して郵送で渡す

友人は、いろいろなところに住んでいるし、仕事などもバラバラだったら、直接渡すことは難しいです。そのためみんな一律に結婚式招待状をポストに投函し、郵送で送ると便利です。友人なので、礼儀として失礼かどうかを考えることなく手軽に送ることができます。

まとめ

結婚式は、日ごろお世話になっている人を招待したりするため失礼にあたらないかと気を使うことも多いです。しかし基本的には、ポストに投函して郵送で送ることは失礼にあたりません。

また直接手渡ししたのに、なかなか出欠の返信がかえって来なくて確認をしたら、あとでそんなのもらっていない」という間違いを防ぐことも出来ます。