結婚式といっても節約できるところは節約したいと考えると思います。

招待状の紙のデザインだけでも少しですが、金額が変わります。

すべて結婚式場のプランナーさんに頼んでしまうと、こんなはずではなかったと、後悔してしまうかもしれません。

そこで、自分達でできそうな作業などはなるべく自分達ですることをお勧めします。

招待状の宛名書きは、自分の字でもいいのかどうかがわからない方が多いと思います。そんなときは、プランナーさんに聞いてみるのもいいですが、わたしの場合はすべて手書きで書きました。

もちろん、そんなに上手ではないですが、節約の為ならなんとかなるものです。

自分で手書きだからと言っても、ある程度のマナーは抑えておきましょう。

宛名書きする際に使用するのは、ペンか筆で書くようにし、かすれた文字なども避けるようにしましょう。
文字の大きさも小さくならないように、自信をもって書くようにしましょう。

招待状の種類によって、縦書きか横書きかが決まっているので落ち着いて確認する。

住所は全員分書くのではなく、郵送の人のみ書く。手渡しの場合は、住所の記入はいらないので、手渡しが多いと書く手間が省けますね。

また手渡しの場合は封筒の封を閉じる必要はありません。

郵便番号と住所の両方を必ず書くようにする。夫婦で招待する際は、苗字は片方だけに書くようにする。奥様の方と面識がなかった場合は令夫人と書くようにしよう。

家族で招待する際は、招待状とのバランスを見つつ全員分の名前を書くが、あまりにも多い場合は、ご家族様と書くようにしましょう。

切手の貼る位置も決まっています。横書きは右上に、縦書きは左上に切手を貼ります。

この時の切手は、専用の切手を購入し、貼るようにしましょう。

発送は式の2か月前ぐらいで大丈夫です。

発送の前には必ず中身の確認を入念に行いましょう。住所、名前に間違いはないか、会場までの地図を入れたか、返信用はがきに切手は貼ってあるか。

以上の事を注意すれば自分で宛名書きから発送までできます。

招待状を出す際は誤字脱字を事前にチェックする

招待状の宛名書きと言えば結婚式の準備の一つです。

まず、沢山のカタログの中から招待状のデザインを選び、中の文章をどうするか等を決めると思います。

デザインを決めるだけでも、式のイメージ・席次とのバランス等考える事は多いのですが、それが決まると大事な宛名書きとなります。

印刷で頼むか自分たちで手書きするか悩むところです。

印刷の良い所は、文字が綺麗で見やすく何より手間がかからないので、他の装飾等の準備に時間をあてる事が出来ます。しかし、手書きにもの良い所があり手間はかかりますが、温かみがあり手の込んでいる印象を与え、更に経費を削減する事が出来ます。

どちらにしても、宛名に必要な物は送り先の相手の漢字となります。

友人・知人はもちろんですが、意外と分からないのが親戚の下の名前・子供の名前です。

呼び名が分かっても漢字が分からない、普段は使用していないが正式には旧漢字だったというのは意外と良くある事です。

友人等は卒業アルバム等で調べる方法はあるかもしれませんが、親戚になると親が分からなければ本人に聞くしかないという事態になりかねません。

せっかく招待されるのに、自分の名前の漢字が間違っていたりしたら、残念な気持ちになりますよね。

印刷にしても、手書きにしても招待する皆様に気持ちよく参加して頂ける為に、事前の確認は慎重にする事が大切です。