結婚式招待状宛名書きは自分で書く場合と、式場の担当者から業者への発注の2点があります。

業者への発注の場合は、事前に名簿を業者へ渡します。またその中でも式に参列してほしい場合、特に親戚のお子様といった場合は、あらかじめ名前を確認する必要があります。細かい指示も業者がやってくれるとは思いますが、それには細かく指示を出す必要があります。

宛名間違えもおめでたい席ではあるので大抵は許してくれることが多いのですが、中には招待する方のお名前が間違っていると心象が悪くなる場合もありますので、業者への発注時には注意が必要です。

また、宛名はその結婚式に参列頂きたい方すべてを書く必要があります。

代表で世帯主のみを書いた場合、基本的にはその宛名である世帯主のみが出席するのが通例ですので、業者への依頼については、中間報告という形で宛名の成果物を確認したいですね。

業者への発注はそれなりに費用もかかりますので、もし手間でなければ、自分で宛名を書くことをお勧めします。

筆ペンを買い、少し練習をしつつ、丁寧に宛名を書きます。字のうまい、下手はあるとは思いますが、心のこもった、丁寧な字で書かれていれば、受け取った方は大変嬉しい気持ちになるのではないでしょうか。

それだけ、本人の字で宛名を書くことの意義は大変あると思います。

自分で宛名書きをする際は名簿を見ながら1枚ずつ丁寧に書く

結婚式準備で一番気苦労したことは、招待状の宛名書きです。

私が招待状を手書きにした理由は、枚数がそれほど多くなかったことと、私自身が招待状を頂く時に手書きであると気持ちがこもっているように感じ嬉しいという自己満足と、印刷代をうかすためです。想像していたよりも宛名印刷が高かったです。

いざ、書き始めて困ったことは、字に自信がなかったことと、筆ペンに慣れていなかったことから何度も違う紙に練習し、実際封筒に書くときは慎重になっていたため、とても時間がかかったことです。特に、親族や上司への招待状は緊張が増します。

時間はかかってしまいましたが、友人や親戚の顔を思い浮かべながら、一枚一枚丁寧に書くことで、その人との思い出を振り返ることができ、良い時間であったと思います。

きれいな字で書くことは大切だと痛感しましたが、それよりも丁寧に書くということが大切です。短時間で字をきれいにすることは不可能です。ですが、気持ちを込め丁寧に書くことで、拙い字でもその気持ちは招待状を受け取る側に伝わると思います。

また、書くときに気をつけたことは書く環境を整えることです。静かな部屋で、机周りを片付け、落ち着いた気持ちで書くことの向き合える環境作りが大切です。

書く場所が散らかっていると、字も自然と丁寧さがなくなると思います。

そして、間違えても書き直せばいいと思うことも必要です。慎重になりすぎてしまうと、その気持ちが字に伝わります。間違えてばかりだと、封筒がなくなってしまい、困りますが書くときは思い切りの良さも必要です。