10年程前に結婚式を挙げた者です。

私達夫婦は自分達のオリジナル感を出したくて、招待状も手作りしようと、東急ハンズ、ロフト、シモジマに何度も通い選びました。

結婚式場で、宛名書きだけお願いしようと思ったのですが、それも費用が掛かると言う事で、宛名書きも私達でする事にしました。

主人より私の方が字を書くのが上手だったので私が担当する事になりました。もちろん字に自信があった訳で無いですが、二人からと言う気持ちがを添えたかったと言うのもあります。

時間もかかり納得する出来ではなかったですが、それでも結婚式招待状を手作して良かったと思っています。

筆書きが基本、常識と言うので、筆ペンを数本購入して書き具合を確認してから挑戦しました。

招待状自体にも費用が掛かっていて何度もやり直しが効かないので、慎重に毛筆書きをした記憶があります。

手渡しの方には名前だけ記入しました。スピーチをお願いする方、会場の地図の添付等、よく確認して皆さんに郵送しました。

届いた出席者からは二人らしいねとか、可愛い招待状が届いたよと言って貰った時は、嬉しかったです。

結婚式場に依頼するとクオリティーは高い招待状が完成するとは思いますが、手作りしても楽しめます。

毛筆で慌てて書くと文字がかすれてしまいます

結婚式の準備にはしなければならないことがありますが、その中の1つで手間がかかるのが結婚式招待状宛名書きです。

ただの招待状の宛名書きだと思えばそれまでですが、受け取った出席者から見れば、自分の名前がきれいに書かれていれば嬉しいものです。

結婚式というおめでたいものに出席してもらうための招待状なので、出席者に気持ちよく参加してもらうためにも、結婚式招待状宛名書きは大切です。

他に準備しなければならないこともあるからと宛名書きをつい後回しにしていると、気が付いたら郵送しなければならない日が目の前に迫っていることがあります。

出席者を確定するために事前に連絡をしていたとしても、結婚式の2ヶ月前には招待状を送っていなければいけません。逆算すると、その1ヶ月ぐらい前には招待状を出すリストを作って、招待状の宛名書きにかかることが理想です。

時間を掛けてゆっくり一枚ずつ書いていくようにすれば、適当な文字にはなりませんし間違えることもありません。住所や名前を間違えた招待状を送ることは相手にかなり失礼に当たりますから避けなければいけません。

慌てれば字もかすれてしまって書き直しになってしまいますから、落ち着いて毛筆で一日数枚ずつ丁寧に書いていきましょう。