近年では年賀状の宛名はほとんど印刷で済ませる時代です。結婚式招待状の宛名書きはどうすれば良いのか迷ってしまいます。

私も自分の時は悩みました。オススメなのはひとつひとつ手書きで毛筆で書くことです。

わざわざ結婚式場に来ていただく招待状なので気持ちを込めて手書きするのが良いです。毛筆でなくても筆ペンなどでも代用できます。薄墨の筆ペンやボールペンは辞めましょう。

字が下手でもひとつひとつ感謝の気持ちを込めて丁寧に書けば気持ちは伝わります。またどうしても手書きが苦手な方は印刷でも失礼ではありません。

また会社の上司など手渡しする方は住所は書かず名前だけ書くようにしましょう。招待状もなるべく手渡しし、一言伝えると誠意が伝わると思います。ただ時間に余裕のない方、遠方に住んでいる方は無理なので郵送でも問題ありません。

封筒に張る切手も郵便局ではお祝い事に使う美しい切手があるのでそちらを選ぶと招待状がグッと華やかになります。

些細なことでもできれば気にすると良いです。また中に入れる返信ハガキにも切手を貼り忘れないようにしましょう。相手方の負担となり失礼にあたります。

このように結婚式招待状の宛名書きだけでもいくつか気を付けることがあります。注意しながらひとつひとつ気持ちを込めて招待状を作りましょう。

筆耕を依頼するときは見本を確認する

結婚式場が決まり、いよいよ打合せがスタート。そこでまず取りかかるのは招待状の準備ではないでしょうか。

招待状を作成し、ゲストの方々に招待状を発送していくのですが、その流れの中で意外と大変なのが封筒の宛名書きです。

最近では手書き風の印刷ができることなどもあり、手書きではなく印刷で宛名書きを済ませてしまう方も多いかもしれませんが、やはり手書きが正式な形であるため、個人的には手書きで宛名書きを行うのがベストだと考えております。

また、一生に一回のことですし、せっかくなら手書きが嬉しいです。

そこで、私の体験談をご紹介したいと思います。

私は以前ウエディングプランナーとして働いておりました。その頃、新郎新婦様に「招待状の宛名書きはいかがなさいますか」と伺うと、「手書きしたいけど、筆で書く字に自信がない」というお声をよく耳にしました。

そんな方には、「筆耕」といって、宛名書きのプロにお願いすることをおすすめしておりました。

私がいつも依頼をしていた筆耕の方は、お習字の先生をされていて、宛名書きの仕上がりもとてもきれい。尚かつ、一生に一回の特別なことということで、墨も上等なものを使用してくださっていたので、墨の発色もとてもきれいでした。

そんな中、ある新郎新婦様が、「少し料金が高いから」という理由で、ご自身で探されたお習字の先生に宛名書きの依頼をされたことがありました。そして、仕上がりが送られてきてすぐ、私のもとに新郎新婦様より連絡が入りました。

「筆耕を他のところでお願いしたけど、仕上がりが気に入らなくて。」ということでした。
この新郎新婦様がご自身で探され、お願いをされた方は、お習字の先生をされている方で、確かにお習字はお上手でした。ただ、封筒の宛名書きはというと。

字のバランスが取れていない、墨の発色がよくないなど、出来栄えは正直とても残念な感じでした。

そして私は「習字が上手い」と「宛名書きができる」は別物だということに気づきました。
そこでこれから宛名書きをされる方にお伝えしたいのは、宛名書きは経験豊富な筆耕のプロにお願いをするべきだということです。

もし、どうしても筆耕のプロではない、お習字の先生に宛名書きの依頼をなさりたい場合は、実際に1つサンプルとして書いていただいた上で、お願いをするかどうかを決めることが重要だと思います。

また、中途半端にプロにお願いをされるぐらいであれば、新郎新婦様がご自身の手で書かれてはいかがでしょうか。

ご自身で書かれた宛名書きの方が、温かみがあり、ゲストの方々の心にも響くものになるはずです。

そして、ご自身で宛名書きをなさる際は、是非、ゲストの方々のお一人お一人のお顔を思い浮かべながら宛名書きをしてみてください。

そうすることで、ゲストの方への想いが伝わる宛名を書くことができるでしょう。

筆耕のプロにお願いした整った宛名は、ゲストの記憶に残るはずですし、ご自身で手書きをされた宛名も、その気持ちがゲストの心に残ることとなるでしょう。

招待状は、ゲストの方々が最初に手に取るもの。記憶に残る宛名書きで、最高の結婚式をなさってください。