近年では年賀状の宛名はほとんど印刷で済ませる時代です。結婚式招待状の宛名書きはどうすれば良いのか迷ってしまいます。

私も自分の時は悩みました。オススメなのはひとつひとつ手書きで毛筆で書くことです。

わざわざ結婚式場に来ていただく招待状なので気持ちを込めて手書きするのが良いです。

毛筆でなくても筆ペンなどでも代用できます。薄墨の筆ペンやボールペンは辞めましょう。

字が下手でもひとつひとつ感謝の気持ちを込めて丁寧に書けば気持ちは伝わります。またどうしても手書きが苦手な方は印刷でも失礼ではありません。

また会社の上司など手渡しする方は住所は書かず名前だけ書くようにしましょう。

招待状もなるべく手渡しし、一言伝えると誠意が伝わると思います。ただ時間に余裕のない方、遠方に住んでいる方は無理なので郵送でも問題ありません。

封筒に張る切手も郵便局ではお祝い事に使う美しい切手があるのでそちらを選ぶと招待状がグッと華やかになります。些細なことでもできれば気にすると良いです。

また中に入れる返信ハガキにも切手を貼り忘れないようにしましょう。相手方の負担となり失礼にあたります。

このように結婚式招待状の宛名書きだけでもいくつか気を付けることがあります。注意しながらひとつひとつ気持ちを込めて招待状を作りましょう。

市販の招待状の手作りキットはオススメ

 
結婚式をするにあたり、まず招待したい人に送るのが招待状です。

結婚式に出席してほしい人には前もって式の日にちを伝え、都合を確認しておきます。そして、式の2か月ほど前までに招待状を送り、正式に結婚式への出席をお願いするという形になります。

招待状は式場にお願いして作成してもらう方法と、自分たちで作成、郵送するという2通りの方法があります。

私は市販の招待状の手作りキットを購入し、自分で作成しました。

招待状を作成するにあたり、色々な注意点がありますが、特に招待状が届いた時に真っ先に目に入る宛名の部分は大変重要だと思います。

招待状の宛名を書く際の注意点は、まず名前の漢字を正確に書くことです。基本的なことですが、親しい友人でもフルネームの漢字を正しく覚えている人は案外少ないものだと、招待状を作ってみて身にしみて感じました。

他にも、普段は略式の漢字を使っているが、正式には旧字体で記すのが正しいという友人も何人かいて、名前の漢字にはかなり気を遣いました。そして、宛名を書き終わった後も間違いがないか3回ほど確認し、やっと郵便局に提出といった感じでした。

他の注意点としては、基本的には宛名は毛筆で記入するのが良いとされています。私たちは毛筆風の書体で印刷にしましたが、親族や親せきの関係で、やはり丁寧なのは手書きの文字だと思います。招待状の宛名書きの注意点は主にこの二点だと思います。