私は、結婚式の招待状の宛名書きを、手書きで行いました。

私は字が下手で、全員分の宛名書きを手書きでやるのは本当に苦労しました。しかし、わざわざ貴重な休日の時間を割いてまで、私達の結婚式に駆けつけてくれる人達には本当に感謝していたので、その思いを込めて、一生懸命書きました。

そして、無事結婚式は修了し、晴れて夫婦となることが出来ました。

後日、私は結婚式に来てくれた友人や、会社の仲間などへのお礼もかねて、食事をしに行きました。

その際に、私は結婚式の招待状の宛名書きを手書きで行うことにしたが、やってみて非常に苦労したという話をしました。しかし、皆の反応は、「手書きだったっけ」「言われてみたら、確かに手書きだった気がする」という反応で、正直少しガックリしました。

招待状の宛名書きが、手書きかどうかについて、気にしている人はあまりいないようですね。

失礼ながら、そういう私も、他の人から来た結婚式の招待状が手書きだったかどうか、ハッキリと覚えていません。

ですので、これから招待状を出すが、手書きか印刷か迷っているという方は、どちらでも特に問題ないような気がします。

ただ、私個人の意見としては、手書きをおすすめしたいですね。

確かに、手書きの招待状は自己満足かもしれません、しかし、参加してくれる人達に対する思いは本物です。

その思いを込めて書くことそのものが重要だと、私は考えています。

自己満足でも、思いを込めて書くことができたという確信があれば、それで十分じゃないでしょうか。

招待状の手書きが汚い場合は毛筆文字の印刷も選択肢

結婚式の招待状の宛名書きですが、私は自分の手で書きました。

私は字を書くことが苦手で、昔からとても下手なだけでなく、かなり癖があって汚く読みづらいといわれることもしばしばなのですが、ペンでなく、使い慣れていない筆で書くとなると、その下手さが余計に目立ちます。

しかし、結婚式は一生に一度のこと。

私たちの門出を祝いに来てくださっている方には、なるべく心のこもった形でおもてなしをしたいという思いがどうしてもあり、自分の手で書いてみることにしました。

さすがに、完全な毛筆は扱える気がしなかったので、筆ペンで書き始めましたが、全く感覚がわかりません。

文字の大きさや、太さや細さ、とめはねなど、思っていた以上にきれいに書くことができませんでした。

そこで人に勧められたのが、一度パソコンで毛筆書体の宛名を印刷して出し、それを手本にして書いてみるという方法です。

パソコンでなら、ハガキサイズに収めたりもできるので、文字のバランスもわかりやすいです。

それでも最初のうちはかなり苦労しましたが、人数分を書き終える頃には、少し筆ペンの扱いにも慣れた感じがしました。

もし、字を書くのが苦手だが、招待状の宛名書きを自筆で行おうかと思っている方がおられましたら、私のように、パソコンで出した見本を見ながら書いてみられることをお勧めします。